目標設定が大事という話

こんにちは。HappyWebオンラインサロンの広報担当 Ikukoこと、かなだいくこです。

このたび、HappyWebオンラインサロンを始めるにあたって、名古屋で開催している初心者サポートイベント「WordPressビギナーズ名古屋」などのイベントにはない、ひとつの大切なことを導入することにしました。

それは「目標の設定」です。

多くの人は成果のイメージがあいまい

一般的に、会社組織でWEBサイトを運営している人たちは明確な成果を意識しています。
たとえばWEBからの問合せが毎月○○件欲しい。
または、WEBショップからの注文が毎月○○万円欲しい。
というように、注文金額や件数の数字で目標を設定しています。

ところが、個人でサイトを運営している方には、その目標があいまいな方が多く見受けられます。

「とりあえずうちの店の宣伝になればいいなーと思って…」
「まずはWordPressの使い方をマスターして、アクセス数が上がったら商品も売って…」
「知人にfacebookをやるといいと言われたから始めたんですけど、最近はインスタがいいらしいと聞いて…」

まあ、とりあえずやってみて、うまくいくようなら本気でやろうかな〜、みたいな。
または、知り合いの誰かがこう言ってたからやってみてるんだけど?みたいな。

もちろん、やらないよりはやったほうがいいに決まっていますけどね。
でも、やるからには成果を出したほうが、もっといいに決まってます。

で、成果って、何。

成果を決めるためにはあなたが何をしたいかが重要

上に書いたような「うちの店の宣伝になれば…」という人が非常に多いんですが、店の宣伝になるとは、具体的にどういうことでしょうか。

折り込みチラシなら、どこに何枚配ったかわかるし、
WEB広告なら、何人が広告をクリックして訪問したかまでわかります。

ですから、お店の宣伝をしたいなら、一日のアクセス数がどれくらあればいいのか、目標を決めておかないと、宣伝になったのかなっていないのか、判断できません。


人生もWEBも結局はあなた次第。

さらに重要なのは、たとえばお店の宣伝になればいいと思ってWordPressを使い始めた人の例で言うと、お店の現状がどうなのかな?というところが重要だったりします。

往々にして、今までの仕事がうまくいかなくなってしまったから、代わりにWEBで稼ごう、というのも良く聞く話で、それはそれでいいんですが、あまりにも無謀、ということがままあります。

商品写真を載せたホームページを作りさえすれば、どんどん注文が入ったのは、1990年代の話。
2000年を超える頃には、ホームページ自体が大量に作られ始めて、あっという間の飽和状態。
以来年々、競争は激化し、WEBやSEOの知識や技術がないと、ぽん!と成果を出すのは難しくなっています。

つまり、成果を出す人や企業は、どこも相当、時間や労力を投入しているにちがいないのです。

そんなところにこれから参入するからには、
「アクセスがあがるといいなぁ」
ではなくて
「アクセスを1日100人、1ヶ月で3000人にする」
という目標のほうが、対策を考えるのに役立ちます。

アクセスがあるといいなぁ、という言葉に対しては、「あるといいねぇ」としか言えませんが、アクセスを1日100人にしたいと言われれば、いろいろな手段を試してみることができます。

さらに言うと、ほんとのところ、期待する売上金額はいくらなのか。
それを達成するためには1日に何人のアクセスがあればいいのだろうかと、そこをこそ、試行錯誤する必要があるのです。

でも、アクセスがないところに売上は立ちませんから、最初の段階ではアクセスアップが目標でOKです。
アクセスを獲得するためには広告を打つか、検索結果で上位に表示されるようにするか(SEO)、あるいはその両方をやるか。です。

あなたのサイトはどの段階ですか?
サイトの運営に悩んだらHappyWebオンラインサロンをご利用ください、お待ちしています。

お問い合わせ

疑問・質問・お問い合わせはこちらから お気軽に!